忍者ブログ

ダイエット ブログ

ダイエット頑張りましょう!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小顔ダイエットと表情筋トレーニング

小顔ダイエットは、顔太りの原因が筋肉の緩みの場合に表情筋トレーニングをすることで解消するダイエット方法です。
筋肉を鍛えるためにジョギングやウォーキングなどの運動をすることでダイエットをしている方も多いのではないでしょうか。

小顔になりたい人は同様に鍛えなければならないのは、表情筋を言われている顔の筋肉です。
筋肉は顔にもあるものですが、不思議に思った人もいるでしょう。なんとほとんど使われていない筋肉がたくさんあり、8割は使われていないといいます。
たとえ筋肉があっても動かさないでいるとかたくなってしまい、支えるはずの頬の部分の重さを支えることができなくなってしまい、そのせいで垂れてくることになります。

顔筋肉の衰えを改善するには表情筋を動かす小顔ダイエットが効果的になります。
表情筋のトレーニングは、入浴後など体が温まった状態の時にするとより効果的です。

運動の最初は首からです。左右上下に動かす運動をゆっくりと行いましょう。
首と顔は実はつながっているので、小顔ダイエットと首にはかなり関係があるといえるでしょう。

首を暇なときに意識していつも回すのもかなり良い訓練になるでしょう。
頭回しを首回しのあとは行いましょう。首部分から口の下方が動いたような感覚があるでしょう。あいうえおと声を出して言うときに口を大きく広げましょう。わざと大きな口をあけるようにするのが発声のポイントです。

2~3回繰り返したら、最後にもう一度首の運動をします。小顔ダイエットも、毎晩続けると効果がありますので、ぜひやってみてください。
PR

小顔ダイエットとフェイスマッサージ

小顔ダイエットで大切な事は原因を見極め、原因にあったダイエット方法を実践する事です。

おすすめなのがフェイスマッサージで、特にむくみと脂肪太りが原因の人に良いといいます。

リンパのつまりを除去して水分や老廃物を外に出しやすくするのが、むくみと脂肪太りが原因の場合に最も効果的な小顔ダイエットです。

だいたい1回につきかかる時間は3分から5分で、マッサージは欠かさず毎日行うことが重要です。

とても繊細なのが顔の皮膚の特徴です。マッサージクリームやオイルをたくさん使って、リンパに沿って摩擦しないようにマッサージをするのがポイントです。特に耳の前部分から首筋に下がっていく部分は、老廃物の顔の出口になるところです。

耳から下に向かって、やさしくマッサージする事が大切です。
顔のマッサージは、中心から外側へ、口の横から耳の上の部分に向かって、やさしくマッサージすると小顔効果が期待できます。

小顔ダイエットに成功して小顔になった自分を想像しながらフェイスマッサージをするのが、より効果的なのでおすすめだといいます。
さらに顎から耳の方向へもマッサージを丁寧に行いましょう。とくに脂肪太りの人はしっかり行うことで血流が改善し脂肪も燃焼しやすくなるので、ダイエットにも効果的です。

1度にたくさんの時間をかけて行っても、肌に負担になりやすいのが小顔ダイエットです。1回につき長くはせず短くすること、やさしくマッサージすることが小顔ダイエットにおいて大切なことです。

小顔ダイエットとは

ダイエットして小顔になるためにはどうしたらいいのだろうと思い悩んでいる人も、結構多いのではないでしょうか。
体のほうはダイエットをすれば痩せることができますが、お肉がついた顔をすっきるさせるのはなかなか難しいといいます。

小顔のためのダイエット方法は、小顔になりたい人にはぴったりだといいます。毎日の食事内容というよりも、ダイエットという名前はついていますが表情筋のトレーニングや毎日のマッサージをすることで小顔にしていくのが小顔ダイエットの特徴だといいます。

何が要因で顔が太るのかというと、むくみ、脂肪太り、筋肉のゆるみがその原因だといいます。
むくみの原因はリンパの流れが滞っていたり、水分の排出がうまくいかないことです。脂肪太りの場合は、身体の全体に脂肪がついている為です。

筋肉の緩みというのは、顔の表情が乏しい人やしわを気にして笑わないようにしていたりすると起こります。顔の全体の筋肉が下がってくるのは、表情筋の力が弱まるからです。

いろいろと顔太りの原因はあるようなので、ダイエットをする場合には、自分の顔太りの原因がどれなのかよく検討することが重要ではないでしょうか。

原因の見極めるにはいくつかチェック項目があります。顔がパンパンになっている、顔全体が朝に腫れぼったく感じる、エラのあたりがゴリゴリと固いなどでしょうか。他にもはっきりとほうれい線が見える、ほほのたるみが著しいなども当てはまるようです。

むくみ、脂肪太り、筋肉の緩みによる原因が考えらるので、それぞれの原因にあった小顔ダイエットを行うことで解消することができます。

ダイエットメニューとお肉

ダイエットをしているときにメニューにお肉を取り入れるのをやめてしまう人が多いようです。
脂肪をふやさないためには肉を食べないのがいいと考える人が多いといいますが、肉抜きはダイエットメニューに妥当でしょうか。

肉に含まれる栄養成分の中でも体に必要なものがありますので、食事メニューから外さないほうがいいようです。
ダイエットメニューを決める時には、肉を正しく使うことが大事です。鶏、豚、牛のどの肉が最もローカロリーかは、それだけで決め付けることはできません。どの部位を使うか、どんな調理法で食べるによってずいぶんと違ってきます。

ダイエットメニューを考える場合脂身のついた部位を避けてお肉を使うようにすると良いようです。牛肩ロースは牛肉の赤身の中で一番カロリーが高いといいます。
牛肉全体を見た場合は、牛バラ肉が高カロリーです。つまり、脂身を除去すればサーロインでも高カロリー食にならずに済みます。

ダイエットメニューとしてステーキを使うことは、できないことではありません。ダイエット中は鶏のささみが推奨されるようですが、鶏のむね肉もダイエット中の食事に用いやすいとされています。ダイエットをしているけれど鶏肉を食べたいという場合は、むね肉も視野に入れてもいいでしょう。

ダイエットメニューには選び方次第でお肉を取り入れることもできるので、栄養のためにもぜひ活用しましょう。

ダイエットメニューにおすすめの食材

ダイエットメニューを考える際にどんな食材を取り入れたら良いのでしょうか。
発芽玄米を使ったメニューは、ダイエットにうってつけです。ダイエットには玄米食がいいという人は多いですが、浸水や炊飯に時間がかかったり、独特の食味が苦手という人もいます。

玄米メニューが難しいという方でも、発芽玄米は食べやすいようです。浸水時間もさほど長くする必要もありませんし、簡単にすすいで炊飯が可能です。
白米に混ぜるときも、そのまま入れるだけなのでとても楽です。

血液中のコレステロールや中性脂肪をコントロールする働きのあるギャバという成分が含まれているそうです。

ダイエットに発芽玄米を用いることで、脂質を消費し活動エネルギーに変える効果が得られるといいます。
ダイエットをしている時でも、オイルを使って食事をしたいと考えることもあります。
オリーブオイルが、ダイエット中に使う油には適しています。オレイン酸の多いオリーブオイルは、血中コレステロールを調節してくれます。血液サラサラ効果や、中性脂肪を減らすという効果がオリーブオイルにはあると言われています。
カロリーは多少ありますので摂りすぎはいけませんが、とても体に良いものなのでぜひ毎日のダイエットメニューに取り入れてみましょう。
  Copyright 2017 ダイエット ブログ All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]