忍者ブログ

ダイエット ブログ

ダイエット頑張りましょう!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

太りやすい人と痩せやすい人の根本的な違いはコレ!

人によって太りやすい人と、太りにくい人というのがいますよね。同じ量を食べているのに、同じ食事をしているのに、何故かお肉がつく人とつかない人がいます。その人達の間には何か特別な差があるのでしょうか?今回は女性にとっても気になるこの現象について調べてみました。

基礎代謝が高いもしくは低い

人間が生きていく上で最低限必要なエネルギー、それは内臓を動かしたり、心臓を動かしたりする、内部的なエネルギーのことで、基礎代謝と呼んでいます。この基礎代謝が高い人はもともと太りにくいと言えます。逆にこの基礎代謝が低い人は同じ料理を食べても量を食べても太りやすいと言えるのです。自分の努力次第で基礎代謝はアップできますから、そのためのトレーニングなどをすると良いでしょう。

悪玉菌の存在、腸内細菌の違い

悪玉菌を多く小腸に持っている人は、脂肪をたくさん吸収してしまうという事例があるようです。また太っている人や痩せている人は腸内細菌に特徴が見られるとも言われています。太っている人の細菌は吸収力が強く、そのままカロリーとして吸収してしまうようですね。

脂肪細胞の量の違い

また人間の脂肪細胞の量の違いというものもあります。これはどういったことかというと、人間には脂肪細胞という細胞があり、それが多ければ多いほど、脂肪を蓄えることになります。少なければそれだけ脂肪をためこめませんから、痩せていると言えます。




どうでしたか?意外に知らないことばかりでしたね。しかし基礎代謝についてはインナーマッスルを鍛えたり、適度な運動を続けることによってあげることができますから、今からでも遅くないので、運動を始めてみると良いでしょう。代謝の良い体が何より太りにくいのですからね!


痩せる生活習慣、デブになるNG習慣

痩せている人はもちろん、デブになってしまう生活習慣とはどのようなものなのでしょうか?まず太っている人は、その生活習慣から改善しなければなりません。上記では太っている人と太っていない人の違いを説明してきましたが、今回は太っている人が痩せるための生活習慣をご紹介しましょう。

基礎代謝が低い場合

基礎代謝が低い場合、食べ物がそのままカロリーになってしまい、代謝も低く、エネルギーが消費されにくいので、筋肉量も減ります。痩せている人は筋肉量が多い、もしくは基礎代謝が高いので、エネルギー消費が多いので痩せているんですね。この場合は基礎代謝アップのためのエクササイズを行うと良いでしょう。

ついつい甘いものを食べてしまう

自分にご褒美、と称して何かしら甘いものを食べていませんか?これは太っている人に共通することなのですが、つい甘いものに手を伸ばしてしまう、この習慣を断ち切るために一旦小腹が空いたら10分くらい瞑想の時間を作りましょう。本当にその食べ物が必要なのかどうか?10分も考えると、あまり必要ではないことに気付きます。




痩せている人は自然と3食のご飯で満足できており、甘いものを食べる習慣がないので痩せをキープできているのです。

睡眠時間をしっかりと

太っている人に多いのが意外に睡眠時間が短いという点です。痩せている人は少なくとも12時にはベッドに入って眠っているので、その習慣を真似してみましょう。そのためには夕食も早めに食べなければなりませんし、夜食を食べる前に眠ることになるため自然と痩せへ繋がるのです。このように習慣として行っているNG習慣を断ち切り、是非とも痩せ習慣を身につけてくださいね。


痩せ体質を目指したい人のための超お手軽痩身術3選

太りやすい体質の人が痩せ体質を目指すにはどのような方法があるのでしょうか?基礎代謝をアップさせる、以外にもっとお手軽に痩せ体質を手に入れることはできないのでしょうか。今回は痩せ体質になることが期待できる方法をいくつか紹介していきますので、自分が太りやすい体質だと気付いた方は、是非実践してみてくださいね。

食べ順を考える

食事をする場合、まず食べる順番を決めるようにしましょう。順番によって、吸収率が異なり、脂物を食べるときでも吸収を緩やかにすることができますから、是非とも覚えておきたい食べ順ダイエットです。




まず水分の多いものから食べるようにします、つまり味噌汁やスープからです。次に食物繊維たっぷりのサラダやお浸しなど小鉢から食べていきましょう。その次にタンパク質、最後に炭水化物を摂ればOKです。

人工的な食べ物はカット

化学調味料、食品添加物のたっぷり入った食べ物はそれだけでもNGですから、野菜をたっぷり摂ってもドレッシングが添加物だらけなら意味がありません。塩または自分で作ったドレッシングをかけて食べるのが正解です。

起き立てに白湯を1杯飲む

起き立てに白湯を1杯飲むだけでもOKな痩せ体質になる方法なんですよ。これは何を意味しているのかと言うと、冷えを改善しているのです。太りやすい人は冷え性であることが多く、エネルギー消費が少ないのです。ですから夏でも冬でも起き立てに白湯を1杯飲むことで体が中から温まり、冷え性予防をしてくれます。




どうでしたか?このほかにも酵素ドリンクを飲む、ローフードを食べる、一口30回噛むなどの方法があります。一番自分が取り入れやすい方法で痩せ体質を目指しましょう。


Photo by fotolia

PR

ダイエットの成功に不可欠なもの

ダイエットを成功させたいと、数々のダイエットに挑戦したという人は大勢います。
しかし、幾度もトライしては失敗するという行為を続けている人もたくさんいます。

ダイエット成功のためには何が必要なのでしょうか。
ダイエットを始めるにあたって必ず準備したいものがあります。

ダイエットをするのは何が目的で、いつまでも何㎏の減量をしたいのか、目標をどこかに書いておくことです。頭の中でダイエットの成功図をイメージするだけでも悪くはありませんが、書き出すことで効果は高まります。

やる気を高めてダイエットをすることが、成功への重要な足がかりになります。
目的意識を持ってダイエットに取り組まない限り、目標がわからなくなってしまったり、やる気を失ってしまったりするようです。

気軽にできるような簡単なダイエットであっても、目標を決め、どのくらい続けるのかを明確にしておかないと成功が難しくなります。

目標をなるべく具体的にたてるだけでもダイエット成功に近づいているともいえるかもしれません。

ダイエットを成功させるためには、きつすぎる目標設定をしないことが非常に重要になります。あまり無理はしすぎずに、自分に合うダイエットの目標にしましょう。

無理のないダイエットの目標とは、1カ月に2~3㎏程度の減量です。
週毎に中間目標を立てるのもいい方法です。何を目標に設定するのか、そのためには何をするのか考え方上で行うダイエットこそが成功するのです。

腹筋によるウエストダイエット

ウエストのダイエットに、腹筋を行うという方法があります。
運動の中でも腹筋は、脇腹、下腹、お腹の筋力をつけることで、ウエストの引き締めをすることができるようです。

どんな人でも気軽に行うことができる腹筋運動は、とくに知識や技術はいらないものです。
案外多くの人がダイエットのために腹筋運動を取り入れているようですが、その結果としてウエストのサイズダウンはできているでしょうか。

ほとんどの人が腹筋運動をするときには、仰向けになった姿勢で足首を動かさずに上体を起こす運動をするのではないでしょうか。
この方法は腹部の筋肉を鍛える方法としては効率が悪く、逆に腰を痛めてしまう危険性があります。

腹筋によって効果的なダイエットをするには、仰向けで膝を三角に曲げ、腰を床に密着させる姿勢を取ることです。
この腹筋運動の場合には、背中を半分ほど床から持ち上げる動きを息を吐きながらするようです。
単純にまっすぐ持ち上げるだけではなく、上半身を丸めるような感じでゆっくり行うものや、上半身をねじるような感じで行うものもあります。

運動のやり方によってさまざまなのが鍛える筋肉です。
効果的にウエストダイエットのできる腹筋運動のコツは、ひとつひとつゆっくり行うことと、体を動かすときに筋肉の動きを感じながらやることです。

ダイエット効果を引き出すには、継続が重要です。三日坊主で終わらせないこと、長続きさせることがウエストダイエットでは重要です。

痩せるメカニズムを理解する

痩せるにはメカニズムを理解する必要があります。
カロリーの摂取量を減らすことが、痩せるための早道と考えることができます。
カロリー摂取量を減らせば、人間の体は体内に蓄えられている脂肪がエネルギー源です。

短い日数でダイエットをする場合、こういった体のつくりを利用して行うものがほとんどです。
カロリーの計算式では、食事を減らすダイエットで痩せることができるという結果になります。

人間の体には生命維持のためのメカニズムがあり結果としてリバウンドを起こしてしまったりします。リバウンドを繰り返すことにより、痩せることが難しい体になってしまったりすることがあります。

規則正しい食事で栄養の偏りをなくし、カロリー量もある程度摂り続けることが、体のためには大事です。

食事を改善して痩せるのであれば、食事メニューからは脂質と糖質を控え目にしましょう。
主食に含まれている糖質は体への吸収がゆるやかで負担が少なく質のいいものですから、主食抜きのダイエットはおすすめできません。

糖質の中でも吸収の早い砂糖や果糖を多く含む、フルーツや甘いお菓子を摂取する時には、注意をしなければなりません。
痩せるための食事を考えた時に忘れてはならないのは、糖質や脂肪を控えめにする事、たんぱく質やビタミンやミネラルや食物繊維などを多くバランスよく取る事になります。
  Copyright 2017 ダイエット ブログ All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]